初心者にやさしいロリポップのライトプランはスーパーマン

無料ブログから有料レンタルサーバーに移りたい人の動機はさまざまだけど

ブログを自前のワードプレスで動かして見たいと言う人が多いのではないでしょうか。

難しいことは考えず 簡単に導入できて、簡単に運用できて。

初心者の圧倒的な支持を集めているロリポップは、契約数が最多とのもっぱらの話です。
ロリポップ!なら月々100円(税抜)から

WordPressなどの簡単インストールやカート機能、

アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

月々100円からといううたい文句ですが、ロリポップの契約タイプは4種類。

  • データベースなしのエコノミープラン
  • データベース1個のライトプラン
  • データベース30個のスタンダードプラン
  • データベース100個のエンタープライズプラン

ワードプレスを使うならDBは必須なので、ドメインも何個か作るので、スタンダードプランかな?
実は、優れもののライトプランは、1個のDBで普通にマルチドメインでワードプレスをたくさん作る事ができたのでした。

アフィリエイト経験者向きに待望のハイスピード プランが登場して話題になっています。
初期料金0円、3年契約なら月500円 と 最高速大容量サーバーとしては激安。
ますますスピードが重要になっているサイト、WordPress簡単引っ越し 機能を使って 他社サーバーから簡単にグレードアップできます。

ロリポップに申し込んでみた

 ロリポップ使うなら、ライトプラン 詳細はこちら

 
 ドメインは、マスタードメインとしてロリポップのサブドメインを取得し、申し込みをします。

 10日の試用期間が有りますので、期間中に払い込むと、試用期間が終わった時点で本契約となります。

 ライトプランは月額250円+初期費用です。
 (初期費用はキャンペーンで割引される期間があります。)

 ロリポップのサーバー契約自体には、独自ドメインの同時取得は有りません。

 ロリポップでは、
ムームードメイン

というロリポップ系のドメイン取得サービスが有ります。

 費用は「おさいぼ」というロリポップ共通の支払いシステムが有って登録しておくと便利です。

 激安が頭にある人は、ちょっと高いと思うかも知れませんが、実は、知っている人は使っている裏技が有るのです。

 A8のセルフバック(自己買い)というアフィリエイトの仕組みです。
 日本一審査がゆるい?A8は、まだブログ、サイトを持っていなくても無料で登録できます。

A8.netの申し込みページはこちら

 ロリポップ以外にも、さまざまな商品がセルフバックでき、知っていれば随分安く購入できていたのにと後悔です。

 当然私も、セルフバックで契約しました。
 ロリポップは50%バック、ムームードメインは100円戻りました。
 ドメイン、サーバー全部合わせて、1年間、月200円程度で待望の独自ドメイン、ワードプレスの始動です。
 

ロリポップを使ってみた

 表紙でマスタードメイン型の説明をしていますが、
  FTPは、マスタードメインに対して接続するだけで、全ドメインに対して操作できる。
  データベースは1個でも、たくさんのドメイン、サブドメインで共用できます。
  ワードプレスなどは、簡単インストールを使って、どんどん作成してゆけます。

 ロリポップのワードプレスは導入する度にプレフィックスが一つずつ自動的に上がっていって、同一DB内で重複しないようになっています。
 ドメイン、サブドメインは、マスタードメインの中にディレクトリーを作って紐もつける形です。
 緋も付けを変えれば、別のドメインとしてすぐ使えるようになります。

 それで、ひとつドメインを取っておけば、無限に(1ドメインで300サブドメイン迄は実質上無限と思う)ワードプレスが作れます。
 良くできたサブドメインだけ、ドメイン(50個迄作成可)に昇格させるのは容易です。

 たくさん作って問題となるのは、たくさんアクセスの有ったときのパフォーマンスでしょうか。
 パフォーマンスを気にする頃には、安定性に定評の有るサーバーに目が行くことでしょう。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

ロリポップのネットワーク攻撃対応


   
  使い勝手が良いことは、それだけ問題も起こしやすくなります。
  契約数が多いだけに、トラブルが起きると目立つのかもしれません。

 ロリポップでは、さまざまなトラブル排除の仕組みを用意しています。

 FTPを勝手に使われない為の自分だけ使えるIP限定
  IPが変わったときは自分でも使えなくなるので、IPの再設定が必要です。

 WAFで重要なファイルの更新を不可にする。
  サイバー攻撃などで、書き換えられないようにします。
  導入時や、重要なファイルを書き換える時には設定を無効にする必要があります。

 一度自分で不便を体験すると、設定を無効にしたくもなりますが、、
 無効にしたままの放置は危険です。

 ユーザーIDやパスワード。

 安いので、使わなくなったワードプレスを放置しておく人が多いようにも思います。
 安いドメイン、安いサーバーが狙われるのは、そんなところに原因が有るのかも知れません。