エックス・サーバーの無料レンタルサーバーにHTMLサイトを作ってみた

エックスドメインの無料レンタルサーバーサービスには、wp専用とphp、sqlが使えるサービスとhtml専用のサービスが有る。

エックスドメイン

 

HTMLで作ってサイトを作ってアップロードしてみた。

サイトはエックスドメインのサブドメインで分散したものだ。

WORDPRESS機能を使ったこのサイトは一番上に広告が表示されているが、
HTMLサービスを使ったサイトの方は、広告が表示されなくてすっきりしている。

サブドメインをDNS設定でサーバー分散してみた

1サイト毎にドメインを割り当ててゆくとドメインがたくさん必要で費用が掛かります。
WordPress専用だけで、サイトを作るとは限りません。

そこで、WORDPRESS機能のこのサイトを中心に、サブドメイン単位にサーバー分散してみました。

無料ブログseesaaの独自ドメインにサブドメインを割り当てる

無料ブログseesaaは、独自ドメインの設定ができます。
エックスドメインのドメイン管理で、無料ブログseesaa用のサブドメインをDNS設定で一行追加しました。

無料ブログのseesaaをサブドメインにして何か意味が有るのか?

 メニューに入れてもサブドメインだから、不自然では無いのではないかな。
利用者にとっては、サイトが乗っ取られているようで不自然か。

簡単に出来ますというテスト以外特に意味は有りません。
サブドメイン単位で可搬性が有ることの確認にはなります。
もしかしたら、他に良さ悪るさが有るのかもしれません。

その為、独自ドメインにしないseesaaブログも作っています。

エックスドメインのドメイン管理の操作性もグッドです。

エックス・サーバーの無料レンタルサーバーにワードプレスサイトを作ってみた

「ワードプレス専用で激早」と知る人ぞ知る エックス・サーバーのwpXってどんなものと知りたくてエックスドメインの無料レンタルサーバーを申し込んでみました。

wpX(ダブリューピーエックス)は、WordPress専用の高速・高負荷耐性な環境を誇るレンタルサーバー&クラウドサービスです。

エックスドメインの無料レンタルサーバーは、通常のエックスサーバー機能とワードプレス専用機能の両方を無料で使用することができます。

エックスドメインで独自ドメインを取得

機能の確認の為や、経験の蓄積の為には、独自ドメインが有ると便利です。

ディフォルトで各機能に対応したマスターアドレスは付与されるのですが、これでは可搬性が無く後々困ります。
テストで使うだけなら良いのですが。

自前で調達した独自ドメインでも使えます。

ドメイン関連の機能、DNS設定なども確認するには、エックスドメインでドメインを調達するか、移管をするか ですが。
エックスドメインで調達したドメインも他のサーバーでも使えますし、移管もできますし、お名前やロリポのムームーと比べてもあまり変わりません。

せっかく無料でレンタルサーバーを使わせて貰うのですからと敬意を表して(ドメインを調達すると良いことが有る)エックスドメインでドメインを調達しました。

WORDPRESS機能でワードプレス作成

WordPress専用だけあってワードプレス導入は超簡単です。
導入するドメインを選んで、サブドメインを指定するだけです。

サブドメインしか指定するところが無いので、ディレクトリーでたくさんマルチサイトを作ってゆくことは?
カテゴリー分けして1つのワードプレスで作成しましょうという事なのでしょうね。

テーマをFTPして変えました。

使用感は、無料と思えないほど快適です。
wpXも同じような使用感なのでしょう。

WordPress専用のwpXではなく、この無料レンタルサーバーを何時までも使い続ければ良いのでは?

WORDPRESS機能とWordPress専用のwpXの違いは広告

広告が一行表示されます。

あまりアクセスが無いなら、無料レンタルサーバーを使い続ける。
あたりのサイトが出たら、WordPress専用のwpXに移行するか考える

wpXレンタルサーバー